善玉菌がたくさん含まれている食べ物は何?

腸内の善玉菌を増やすためには、善玉菌が豊富に含まれている食材を摂取することが大切です。

善玉菌は菌といっても体にとって良い働きをするものなので、食事から摂取してもなんら問題はありません。そもそも私たち日本人が古来から親しんでいる「納豆」や「漬け物」、「味噌」といった発酵食品は、すべて菌類の働きによってつくられています。

昔の人は現代に比べると粗食で、味の濃い漬け物やお味噌汁でお米をたくさん食べる必要があり、知らず知らずのうちにそれらに含まれる善玉菌を多く摂取していました。それが食の欧米化に伴い、動物性タンパク質や脂質の多い食生活が広まったことで腸内環境が悪化してしまっている人が格段に増えてしまったのです。

そこで、善玉菌を増やすためには日本古来の和食をメインとした食生活を送り、発酵食品を積極的に摂取するのが近道です。その中でも特に、食用に用いられることの多い「乳酸菌」を多く含んだ食材をベースにメニューを組みられるのが良いでしょう。先ほどご紹介した日本古来の食事である「漬け物」「味噌汁」「ご飯」という並びの中でも、漬け物と味噌には乳酸発酵の技術が用いられています。

また、乳酸菌には植物性のものと動物性のものがありますので、できるだけどちらかに偏ることはせずにまんべんなく摂取するのがおすすめです。発酵食品は地域の郷土料理としても用いられることが多いのですが、全国どの地域のスーパーでも手に入れやすい食材としては以下のようなものがあげられます。

植物性乳酸菌を多く含む食材

・漬け物

・ピクルス

・キムチ

・味噌

・しょうゆ

動物性乳酸菌を多く含む食材

・ヨーグルト

・チーズ

また、食事から摂取した乳酸菌は大体3日程度しか腸内に留まることができないので、こうした食材を日常的に摂取することが大切です。とはいえ、中には発酵食品特有の風味やニオイがどうしても苦手という方もいると思います。

そんな方は乳酸菌飲料やサプリメント等を活用するのが良いでしょう。そうした商品は大きめの薬局等でも買うことができますが、ネットで購入できる物の中では「プシュケー」という製品がおすすめです。

プシュケーは善玉菌と同時に、善玉菌のエサとなるオリゴ糖も摂取できるという優れものです。毎日食事内容に気を配らなくても、これ1つで善玉菌の働きをより一層高めることができますし、癖がないので発酵食品が苦手な方でも無理なく続けることができます。