悪玉菌を減らすにはどうすればいい?

腸内環境を正常化するためには、悪玉菌よりも善玉菌を優位にすること。つまり、悪玉菌の数<善玉菌の数のバランスを保つことが重要です。そのため善玉菌を増やすことはもちろんですが、悪玉菌の数を減らさなければ根本的な改善になりません。そこで、悪玉菌を減らすための生活習慣をご紹介していきたいと思います。

◆食生活の改善

悪玉菌のエサとなるような食材の摂取を控えめにすることで、悪玉菌の増殖を防ぐことができます。悪玉菌は動物性タンパク質を好みますので、日常的にお肉をたくさん食べるのはやめておきましょう。

また、お肉だけではなく、暴飲暴食も腸内環境を悪化させる原因になりますので注意が必要です。

◆適度な運動

運動不足の状態が続くと腸の働きがにぶり、老廃物がスムーズに排出されなくなってしまいます。普段じっとしている時間が長い方は、意識して運動の習慣を取り入れるようにしましょう。

また、運動だけではなく腸のマッサージも効果的です。腸のまわりをぐるぐると回るようにお腹を優しくマッサージするだけなので、運動の時間が取れない方や、体力に不安のある方にもおすすめです。

◆規則正しい生活

腸内環境を整えるためには、毎日規則正しい生活を送り体の中から健康になることが大切です。生活リズムが乱れると体内時計が正常に働かなくなり、本来活動的であるべき時間帯に脳が体を休めようとしたり、その逆に休むべき時間に意識が冴えて眠れなくなってしまったりと、様々な弊害が生まれてしまいます。

その状態が続くと消化器官の活動にまで影響が及び、食事で摂取した食べ物をスムーズに消化したり、排出することができなくなってしまうのです。すると老廃物が堆積し、腸内で悪玉菌が増えやすい環境をつくってしまいます。

ご自分のライフスタイルにとって無理のない範囲で、できるだけ毎日決まった時間に起き、食事を摂り、眠りにつくといった規則正しい生活を送るようにしましょう。

◆整腸剤を活用する

整腸剤は便秘や下痢など、お腹を崩した時に利用している方も多いと思います。整腸剤にはそういった症状がなくとも、腸の働きを整える作用があり、悪玉菌を減らしたい時にも活用することができます。

しかし、整腸剤も物によっては、不調のない時に使用すると逆にお腹を壊してしまうこともあります。そのため、よりおすすめなのが整腸作用のあるサプリメントです。

ネットで好評のサプリメントを実際に購入し、レビューしたページをご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。