善玉菌は腸内でどんな働きをしているの?

善玉菌はなんとなくお通じの改善に良いというイメージがありますが、実際に体の中でどのような働きをしているのでしょうか?

◆腸内環境を整える

私達人間の腸内には健康に良い働きをする善玉菌、悪い働きをする悪玉菌、そしてそのどちらか優勢である方をサポートする日和見菌という3種類の菌が存在しています。悪玉菌は腸内環境が乱れ、老廃物が溜まることで増殖して毒素を発生させます。するとお腹を壊してしまったり、様々な体調不良の原因となってしまうのです。

一方善玉菌には腸内環境を整え、老廃物の排出をスムーズにして病原菌などから腸を守る働きをしてくれます。また、善玉菌が多いと腸の免疫力が向上するため、お腹の病気だけではなく、ガンなど重篤な疾患の予防にも役立つとされています。

◆腸の動きを良くする

腸に溜まった便は「ぜん動運動」という、腸の動きによって体外に排出されます。善玉菌が優勢な状態であればこのぜん動運動が活発となり、便秘とは無縁の生活を送ることができます。

また、腸内に老廃物や消化物が溜まるのを防ぐことができるため、下痢や腸炎、体臭の予防などにも効果的です。

◆ビタミンや酵素を生成する

善玉菌には腸の働きをサポートする役割の他にも、美容や健康維持に欠かせないビタミンや酵素を生成する働きがあります。特にビタミンB群やビタミンKなどは食事から摂取するのがなかなか難しいため、善玉菌の働きによって補うのが効率的です。

また、その他のビタミンや酵素に関しても熱に弱く破壊されやすいという性質があるため、炒める、ゆでるといった調理方法と相性が悪かったりと、外から吸収するのは難しいといえるでしょう。

ビタミンや酵素は美肌に良いというイメージがありますが、実は健康維持や傷の治癒、脂肪の燃焼などにも大きく関わっています。そのため女性のみならず、幅広い年代の方にとって、健康維持のために善玉菌を増やすのはとても大切なことです。

◆コレステロール値を抑制する

善玉菌にはコレステロールと結合し、便と一緒に体外へ排出させる機能が備わっています。コレステロール値が高い状態が続くと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの恐ろしい病気のリスクが高まってしまいます。そのため健康診断でコレステロール値が高く出てしまった方は、普段の食生活を見直すとともに腸内の善玉菌を増やしていきましょう。

最近は食の欧米化に伴い、肉や脂質の多い食生活のせいでコレステロール値が高い方が増えてきています。そうした方々は腸内環境も悪化しているため、便秘や腹痛といった症状を併発していることも少なくありません。

とはいえ毎日食事に気を配るのは手間もかかりますし、手軽なサプリメントで不足した善玉菌を補うのが賢い選択でしょう。特に毎日忙しい生活を送るビジネスマンや、身体が思うように動かないお年寄りから人気のサプリメントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

こちらのページでは、実際にサプリメントを購入した方の生の口コミが掲載されています。